いざ南アフリカへ-W杯用サッカー日本代表新ユニホーム発表

新オフィシャルホームユニホームを着用した日本代表選手と岡田監督

新オフィシャルホームユニホームを着用した日本代表選手と岡田監督

  •  
  •  

 日本サッカー協会とアディダス ジャパン(新宿区矢来町)は11月9日、2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会着用のサッカー日本代表の新ユニホームを発表した。

新ユニホームを着用した20人の選手たち

 新宿区霞ヶ丘の聖徳記念絵画館で行われた発表会には、日本サッカー協会の犬飼基昭会長、サッカー日本代表の岡田武史監督をはじめ、11月海外遠征召集メンバーの日本代表選手(SAMURAI BLUE)らも参加。屋外のオープンスペースでの発表会で、広く一般の人たちにも公開するかたちで行われた。

[広告]

 新ユニホームは「世界ベスト4」という「革命」を起こすことをテーマに開発され、デザインには胸元中央にアクセントカラーとして「赤」を採用。左胸には歴代サッカー日本代表のユニホームの生地で紡いだ糸で「日本国旗」のワッペンを織り上げている。また、個々のアスリートのパフォーマンスを最大限に引き出すために通常のタイプに加えて、より肌にフィットするタイプも準備し、選手が好きな方を選べる初の「選択制」も導入する。

 新ユニホームについてキャプテンの中澤選手は「偉大なる先輩方の思いが感じられる」、玉田選手は「重みを感じる。日本のために戦っているという感じになる」、内田選手は「前のものよりも軽い」と話すなど好印象。

 同ユニホームは、11月14日の親善試合、南アフリカ戦から着用する。

  • はてなブックマークに追加