見る・遊ぶ 暮らす・働く

神楽坂に「発酵風呂ハッコラ」パウダールームも併設

発酵風呂

発酵風呂

  • 16

  •  

 発酵風呂を備え発酵商品を扱う専門店「発酵風呂haccola(ハッコラ)神楽坂本店」(新宿区神楽坂6、TEL 03-5946-8380)が11月11日、オープンした。

店主の畠山真由さん

 完全個室の3部屋で構成されている同店。中でも「ゴールドルーム」にはパウダールームを併設し、1部屋で完結できるスイートルームも用意。2部屋の仕切りを無くし、大きな1部屋として利用することもできるため、友人同士やカップルでの入浴も可能。

[広告]

 発酵風呂(酵素浴)は米ぬか100%で、竹パウダーを入れて米ぬかの臭いを減少させているのが特徴。

同社は2016(平成28)年からウェブサイト「haccola」で発酵食品の情報を発信しており、「発酵ライフを楽しむ」を略して「ハッコラ」と名付けている。店主の畠山真由さんは「食べたり作ったりする発酵はあるが、身をもって体験する発酵って何だろうと考えた時に発酵風呂に出合った。神楽坂の醸し場として、『体全身で感じる発酵を提供する場所』をコンセプトに、発酵風呂で発酵を知ってもらうきっかけにしてほしい」と開店のきっかけを話す。

 店を神楽坂に構えているのは、畠山さんが「神楽坂に7年住んでいる中で、この地の和イメージとも合うんじゃないかと思った。店内の壁紙ではスペイン人が描いたジャポニズムを表現していて、『外国人から見た間違った和』も内装のコンセプトにしている。完全な和というよりも、徐々に間違っている和を楽しんでいただきたい」とも。

メニューは、入浴30分+グルーミング45分(5,720円)、フリータイム(9,020円)、発酵米ぬかスペシャルパック(1,100円)など。発酵食品や発酵化粧品なども販売している。

営業時間は10時~23時(最終受け付けは22時)。現在は月曜・木曜定休。