食べる

神楽坂の割烹「清水」が2号店「はなれ」 旬の食材を使った創彩和食提供

店内

店内

  • 6

  •  

 大正浪漫の趣をコンセプトとした割烹(かっぽう)「神楽坂 創彩割烹 清水」が2号店となる「神楽坂 清水 はなれ」(新宿区神楽坂6、TEL 03-6228-1025)がオープンして1カ月がたった。

前菜(お通し)

 席数は25席。食品ロス問題にも積極的に取り組む同店。コロナの影響により飲食店の休業が続き廃棄する野菜が増えていることを報道で知り、実際に千葉県の農家へ出向き直接野菜を仕入れ、通常の野菜の他に規格外の野菜(味に変化はなく見た目がいびつな野菜)も取り入れているという。

[広告]

 「旬の食材を使った料理で『四季の巡り』を一つの物語のように感じ取っていただけるようなスタイルで営業している」と話す。本店は会席料理(コース)のみの提供だが、同店は一品から注文ができる。

 旬の食材を用いたメニューは毎日変更している。突き出し(お通し)では旬料理の前菜(990円)を提供するほか、「生うにといくらの土鍋」(時価)も用意。和食とワインのペアリングを勧めており、プレミアムワイン「KENZO ESTATE」や国産ワイン「ココ・ファーム」なども取り扱っている。

 営業時間は17時30分~23時。