3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

四ツ谷に2坪の立ち飲みワインバル ランチには数量限定の薬膳カレー提供

同店外観

同店外観

  • 0

  •  

 四ツ谷駅から徒歩5分ほどの新宿通り沿いに、生ハムと薫製のワインバル「四ツ谷スタバル(YOTSUYA STAND BAR)」(新宿区四谷2、TEL 03-6883-8507)がオープンして3カ月がたった。

同店店内

 店舗面積は2坪。スタンディングで6人ほどを収容する。コンセプトは「おしゃれ感のある一杯飲み屋」。

[広告]

 「通勤電車でお酒を飲んでいる人をたまに見かける。そういう人たちが、軽く一杯飲んでから帰る余裕を持てる場所を提供したい」とオーナーの中山雅弘さん。「おつまみは、なるべく素材そのものの良さを味わってもらえて、体にいいもの。お弁当も全部手作りにこだわっている。あまりもうけにはならないが、食べたお客さんはリピーターになってくれているので頑張れる」と話す。

 グラスワインは全て300円で、400円以上のラインアップも検討している。その他のドリンクメニューは、「スパークリングワイン」「生ビール(モルツ)」「輸入ビール」(以上500円)、「コーラ」「ジンジャーエール」(以上300円)。

 フードメニューは、「ハモンイベリコ(生ハム)」「イベリコチョリソー(サラミ)」「チーズ盛合」(以上500円)、「ミックスナッツ」「枝付レーズン」「ドライいちじく」「オリーブ」(以上300円)。薫製では「牡蠣(かき)オイル漬」「金華サバ」「合鴨(あいがも)ロース」(以上500円)など。

 ランチは、「骨付チキンの薬膳カレー」(700円)を定番に、「イベリコ豚丼」などを日替わりで提供する。

 「海外の人たちが、立ち飲みで知らない人とも気軽にコミュニケーションをとっている感じが好き。僕は生ハムを切って、ワインを注ぐことしかできないが、この店からそんなバル文化を発信したい。日本の人たちにコミュニケーションのきっかけを提供できれば、この店は成功」と笑顔を見せる。

 営業時間は、11時~14時(売り切れ次第終了)、17時~23時。土曜・日曜・祝日定休。