天気予報

18

9

みん経トピックス

神楽坂でワインイベント九段下に魚料理と日本酒の店

四ツ谷にワインメーンのバー 明るい路面店でひとりの女性も入りやすく

四ツ谷にワインメーンのバー 明るい路面店でひとりの女性も入りやすく

店主の鶴ヶ谷嘉伸さん

写真を拡大 地図を拡大

 四ツ谷駅近くのしんみち通り沿いに12月7日、「Wine & Liquor BAR NOBU」(新宿区四谷1、TEL 03-3226-7222)がオープンした。

同店店内

 席数はカウンター8席、ソファ4席。店主の鶴ヶ谷嘉伸さんは元会社員。店名は自分の名前から取ったが、きっかけは25年以上前に描いたイラストの記憶だという。「会社員を辞めて別のことを始めようという時に、身辺整理も兼ねて家の片付けをしていた。たまたま出てきた入社当時の研修資料に、プライベートの目標として40歳までに店を出すと書いてあり、『BAR NOBU』とあるカウンターバーにネクタイをした自分が立っているイラストを思い出した」と話す。

 ワインをメーンにシングルモルトやカクテルもそろえる同店。ワインは3台のセラーに300本以上をストック。グラスワインは常時9種類程度提供しており、価格は550円~950円。グラスワインのティスティングセットもあり、3種類各70ccで1,450円程度。その他、「ザ・プレミアム・モルツ<香るプレミアム>」(700円)、洋酒各種(800円~)、カクテル(850円)、ボトルワイン(4,000円~)。

 おつまみメニューは、「豚頬肉の赤ワイン煮込みと鴨のテリーヌ」(850円)、「ウズラ卵の赤ワイン煮込み自家製スモーク」(500円)などが人気。

 「バーだが、ワインに重きを置いている。ワインは好きだけれどよく分からないという人にもっと知ってもらいたい。もう一つは、ハードリカー派の人たちにワインって結構おいしいねと言わせたい」と意気込みを見せる。「女性がひとりでも気軽に入りやすい、明るい店がモットー。近々、ワイン会も開催したい」とも。

 営業時間は18時~翌1時。日曜・祝日定休。サービスチャージ500円。飲み物の香りを楽しんでもらうため店内は禁煙。

グローバルフォトニュース