3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

神楽坂にパテ重量275グラムの限定バーガー 好評受け販売期間延長

「ザ・ビッキー・バーガー」

「ザ・ビッキー・バーガー」

  • 0

  •  

 神楽坂のニューヨークスタイルバーガーショップ「マティーニバーガー」が2月19日より販売しているパテ重量275グラムの限定バーガー「ザ・ビッキー・バーガー」(3,218円)が好評だ。

オーナーのエリオット・バーグマンさん

 ニューヨーク出身のデザイナー、エリオット・バーグマンさんが「本場ニューヨークのハンバーガーを日本人にも楽しんでもらいたい」という思いから2010年10月にオープンした同店。これまでも数々の限定バーガーを提供してきたエリオットさんは、同バーガーについて「肉を主役にしたバーガーを作りたいと思ったのがきっかけ。米国のハンバーガーは日本で提供されているものよりも大きいものが多い。そんな本場の雰囲気を楽しんでもらいたかった」と話す

[広告]

 パテの重量は275グラム、肉は米国産アンガス牛を使う。焼き加減はミディアムレア、肉は歩いて5分ほどの精肉店から毎日2度ひきたてのものを仕入れるなど、パテの質には徹底的にこだわったという。名称の「ビッキー」はエリオットさんが愛聴するニューヨーク出身のラッパー「ノトーリアス・B.I.G.」の愛称から取った。

 同バーガーは提供開始以降、数々のメディアに取り上げられ話題を呼び、平日では約6個、休日にはその倍以上の注文が入るという。当初は4月24日までの期間限定だったが、来店者からの要望を受け、5月8日までの期間延長を決めた。

 「デザイナーの仕事とは違い、人と直接関わることができてうれしい」と話すエリオットさん。オープンより5年半がたつ同店だが、人気は衰えることなく、日本全国をはじめ、アジア地域や米国、イギリス、南アフリカなど海外から訪れる人も少なくないという。

 「これまでさまざまな限定商品を提供してきたが、一貫しているのは『本場ニューヨークの雰囲気を体験してほしい』ということ。限定バーガーはゴールデンウイーク中も提供しているので、気軽に足を運んでほしい」とも。

 営業時間は11時~23時(日曜は22時まで)。月曜定休(祝日の場合は翌日)。