暮らす・働く 学ぶ・知る

神楽坂の新しい街路灯フラッグ グラフィックデザイナー松永真さんが手掛ける

神楽坂の新しい街路灯フラッグ

神楽坂の新しい街路灯フラッグ

  • 20

  •  

 神楽坂通りの街路灯に昨年12月16日から、新しい街路灯フラッグが掲揚されている。フラッグをデザインしたのは、神楽坂に事務所を構えるグラフィックデザイナーの松永真(しん)さん。神楽坂文化振興倶楽部から依頼を受けデザインを手掛けた。

松永真さん

 青と白の2色で構成されたフラッグは、「KaGuRaZaKa」の文字が円形に配置されたデザイン。神楽坂のアルファベットが「Ka」で始まり「Ka」で終わる特徴を生かしたエンドレスが印象的。

[広告]

 「料理も器とセットで初めて完成するように、このフラッグも神楽坂の街並みと一体感がでることを願っている。神楽坂は黒塀や石畳があり、古き良き趣きがある。しかし、その景観は意識して守っていかないと消えてしまう。フラッグのデザインは街を見つめ直す一つのきっかけであり、手間を掛けて伝統と景観を守りながら、神楽坂をまたすてきな場所にしてほしいという思いを込めた」と話す。

 松永さん自身、事務所を新築移転した際は、神楽坂の景観に合うように特注して、れんがを焼いて準備したという。

 「フラッグができたときはうれしかった。僕も神楽坂のことが大好きだし、皆が街全体を考え、協調性を持って、美しく見える街にしていってほしい」と目を細める。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース