見る・遊ぶ 学ぶ・知る

伝統芸能「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」 今年は映像配信で披露

①毘沙門天と赤城神社編 案内役 講談師の神田鯉栄さん

①毘沙門天と赤城神社編 案内役 講談師の神田鯉栄さん

  • 20

  •  

 年に一度行われる伝統芸能フェスティバル「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2020」が今年はコロナ禍を踏まえ、12月25日、映像配信を始める。主催は公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京とNPO法人粋なまちづくり倶楽部。

②花街・神楽坂と“流しの芸能”編 案内役 長唄三味線奏者の鳥羽屋里夕さん

 神楽坂に縁のあるアーティストが神楽坂通りや毘沙門天善國寺、赤城神社を中心に集結し、様々なジャンルの伝統芸能を披露する同イベント。花柳界のある神楽坂ならではの「お座敷遊び」や、路地を歩きながら演奏する「新内流し」などのプログラムで「神楽坂のまちと人が一体となる祭り」を体感できる場にもなっていた。

[広告]

 本来5月の開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のために延期となっていた。神楽坂の祭りやイベントもほとんどが中止や規模縮小となり、まちのにぎわいにも陰りが出始めていた。そうした中、伝統芸能の演者4人が案内役となり、過去の様子を振り返りながらこれまでの出演者や神楽坂の人々のインタビューなどを交え、伝統芸能と神楽坂の魅力を動画配信という形を通して伝えることになった。

 映像配信について、同NPOの日置圭子副理事長は「映像をご覧いただくことで、実際に神楽坂に足を運びたい、伝統芸能にも直接触れてみたいという方が増えていくことに期待している。インタビューに登場する、神楽坂をこよなく愛し、このイベントを支えてくださっている地元の方々やアーティストの皆さまの、すてきなメッセージにも注目いただければ」と視聴を呼び掛ける。

 視聴無料。「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり」の公式ウェブサイトや、公式ユーチューブチャンネルで配信。