暮らす・働く

江戸川橋にスーパー「マルエツ」 単身者対応を強化

目白通りに面した店舗入り口

目白通りに面した店舗入り口

  •  
  •  

 マルエツ(豊島区)が6月27日、江戸川橋駅近くに新店舗「マルエツ 江戸川橋店」(新宿区水道町4)をオープンした。

建物外観

都内144店舗目となる同店。売り場面積は1220平方メートル。

[広告]

 建物は4階建てのピロティ方式を採用し、1階に駐車場、2階にマルエツ、3階には内科・眼科、歯科医院のテナントが今秋入居する予定。

 商圏は1人世帯が多いため、店舗では単身者対応のサービスや品ぞろえを強化しながら「地域の客のライフスタイルやニーズに応えた店づくり」を目指すという。

 青果は、使い切れる量の商品を強化。新たな取り組みとして野菜を店内で加工した「フレッシュサラダ」の販売を行う。鮮魚は、温めるだけの煮魚などすぐ食べられる商品や、食べ切りサイズの生食袋物シリーズなどを展開する。精肉は、マルエツオリジナル「優夢牛」、「みちのく森林鶏」「はかた地どり」をメインにそろえる。

 総菜は、単身者層に向けた弁当・丼、フレッシュサラダ、和・洋総菜、店内焼成ピザなど時間帯に合わせてでき立てを提供する。「ベーカリー」は店内製造の「名物カレーパン」や総菜パン、食事用パンを提供。「デイリーフーズ」は冷凍食品、食べ切り・個食タイプの商品を強化し、健康志向に対応した低糖質商品も充実させるという。

 店内にはWi-Fi対応のイートインスペース(32席)を用意する。駐車場(共用)47台。駐輪場(共用)74台。

 営業時間は9時~翌1時。

  • はてなブックマークに追加