日本初上陸「0℃以下」で飲むハイネケン-年内に50店舗で展開

日本初上陸となった「Heineken Extra Cold」の専用サーバー。独自の冷却方法によりサーバー本体が氷で覆われている。

日本初上陸となった「Heineken Extra Cold」の専用サーバー。独自の冷却方法によりサーバー本体が氷で覆われている。

  •  
  •  

 ハイネケン ジャパン(新宿区本塩町)は5月9日、日本初上陸となる新商品「Heineken Extra Cold」を発表した。

 同商品は、通常5℃~7℃で提供されるビールを、「0℃以下」の温度で提供。専用のサーバーも冷却し氷で覆われていることから、見た目にも涼しさを演出する。すでに世界100カ国以上で展開されている同商品だが、日本での展開は今回が初めて。

[広告]

 同社では「『Heineken Extra Cold』の冷たさが、新しいビールの楽しみ方としてこれまでに体験したことのない感動を提供する」としており、プレス向けに行った試飲会では、「夏にぴったり」「同じ味のハイネケンでも温度が違うと違う感じ方になる」という声も上がった。

 日本での展開は、5月12日にオープンした「REGOLETTO BAR AND GRILL」(港区)での導入を皮切りに順次拡大、年末までに約50店舗での展開を予定。6月20日にはウェブサイトを開設する。

ハイネケン ジャパンハイネケン、国技館で初のクラブイベント開催へ-「和」テーマに(市ケ谷経済新聞)南半球産ワイン、半年早くヌーボー解禁-神楽坂のアフリカ料理店(市ケ谷経済新聞)市ケ谷に「オーシャンフード」店-南国料理・タヒチのビールなど提供(市ケ谷経済新聞)神楽坂のベルギー料理店、人気メニュー復活へ-投票募る(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加