食べる

神楽坂に「沖縄麺屋 おいしいさあ」-下北沢から移転開業

下北沢から神楽坂に移転オープンした「沖縄麺屋 おいしいさあ」

下北沢から神楽坂に移転オープンした「沖縄麺屋 おいしいさあ」

  • 0

  •  

 下北沢で2月末に閉店した「沖縄麺屋 おいしいさあ」(新宿区神楽坂3、TEL 03-6280-8961)が3月4日、神楽坂通り沿いに移転オープンした。

「女性に召し上がっていただきたいメニューもたくさんある」と話す谷川さん

 2013年8月、オーナーの酒井心さんが下北沢にオープンした同店。オープン前から出店場所の候補として挙がっていた場所に空きが出たことから今回の移転を決めた。酒井さんが独学で作り上げた「沖縄そば」は、魚介と豚骨を使ったスープに沖縄の塩「シママース」のみで味付けした化学調味料を一切使わないスープにオリジナルの麺を合わせる。麺類をはじめ、沖縄各地から仕入れた食材を使った料理を提供する。

[広告]

 主なメニューは、「沖縄そば」(690円)、約20センチのソーキを別添えで提供する「おいしいさあ ソーキそば」(930円)、麺にヨモギを練り込んだ「フーチバーそば」(790円)、沖縄そばの麺を和風しょうゆダシで食べる「おいしいさあ 肉オキソバ」(850円)、「ピリ辛ゴーヤ」「狩俣もずく酢」「ジーマミー豆腐」「宮古島海ぶどう」などのおつまみ各種(210~550円)。

 ドリンクメニューは、生ビール(アサヒスーパードライ)、オリオン小瓶(以上430円)、オリオン中瓶(630円)、10種類以上をそろえる泡盛(430円~)、琉球リキュール各種(530円)、琉球ハイボール各種(430円)、琉球茶各種(240円)など。

 ランチタイム(15時30分まで)には、沖縄塩空揚げやゴーヤチャンプルなどのメーン料理に、すば(沖縄素そば)、ライス、ミニサラダ、三点小鉢(もずく酢・沖縄豚みそ・漬物)をセットにした定食(980円)も用意する。

 「メーンターゲットはビジネスマンだが、ミネラルが豊富なモズク、長時間煮込むことによって余分な脂を落としたコラーゲン豊富な豚肉など、女性にもぜひ召し上がっていただきたいメニューもたくさんある」と同店責任者の谷川さん。女性が1人でも来店しやすい店づくりを心掛けたという。「また新たな気持ちでスタートし、一人でも多くのファンを作っていきたい」と意気込みを見せ、「今後店舗展開する際には、また下北沢への出店も考えている」とも。

 営業時間は11時30分~翌5時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース