食べる

市ケ谷に札幌ラーメン店「炎神」-火炎放射器の炎で仕上げ

火炎放射器を使った調理法が特徴のラーメン店「炎神」が市ケ谷にオープン

火炎放射器を使った調理法が特徴のラーメン店「炎神」が市ケ谷にオープン

  •  
  •  

 靖国神社近くの靖国通り沿いに8月29日、札幌ラーメン店「九段 炎神(えんじん)」(千代田区九段南3)がプレオープンした。店舗面積は18坪。席数はカウンターのみの15席。

「特選みそラーメン『開白(かいびゃく)』」

 火炎放射器を使った調理法が特徴の同店は、2011年8月に札幌でオープンした「札幌 炎神」のフランチャイズ1号店。火炎放射器を使い1300度の炎で調理することで、通常混ざり合わないスープとラードを乳化させ、スープにとろみを持たせる。運営は都内で金沢カレーの専門店「カレーのチャンピオン」をフランチャイズ展開する新日本アルク工業(千葉県東金市)。

[広告]

 主なメニューは、「みそラーメン」「潮ラーメン」「しょうゆラーメン」(以上750円)、「特選みそラーメン『開白(かいびゃく)』」「特選潮ラーメン『麓山(はやま)』」「特選しょうゆラーメン『起』」(以上880円)、「つけ麺『牛ヶ淵』」(800円)。しょうゆラーメンは順次提供を開始する。

 同店オリジナルとなる「しょう油ラーメン」は美食家の来栖けいさんと、「つけ麺」はラーメンコンサルタントの渡辺樹庵さんとそれぞれ共同開発したもの。みそラーメンは「札幌 炎神」創業時の味をベースに仕上げた。

 「同店をモデル店舗として今後、フランチャイズ展開を進めていく」という同社。FC本部を同社のグループ企業であるイーディーコントライブ(九段北4)に置く。

 営業時間は11時~21時(土曜は15時まで、以上ラストオーダー)。日曜・祝日定休。プレオープン期間中は、31日まで「特選みそラーメン」を、9月2日・3日に「特選潮ラーメン」を、それぞれ500円で提供する。グランドオープンは9月4日。

  • はてなブックマークに追加