天気予報

10

4

みん経トピックス

牛込神楽坂にイタリアン新店法政グッズ、えこぴょん人気

世界初、ドールが「バナナのウエアラブル端末」を開発-東京マラソン支援の一環

世界初、ドールが「バナナのウエアラブル端末」を開発-東京マラソン支援の一環

食べることもできるバナナのウエアラブルデバイス

写真を拡大 地図を拡大

 ドール(千代田区三番町)は2月18日、世界初の食べられるウエアラブルデバイス「ウェアラブルバナナ」の開発を、特設ウェブサイトを通じて発表した。造形の技術監修は、舞台衣装やキャラクター造形など、媒体を問わず造形・デザインを手掛けるロッシュ(新宿区)。

 東京マラソンに協賛してから8年目を迎えるドール。同デバイスの開発も、ランナーを応援するための試みの一つ。

 バナナとウエアラブルデバイスが一体となった同デバイス。ランナーの手首に特製リストバンドとして装着することで、走破タイムやランナーの心拍数などを測定し、バナナの表面に結果を表示する。そのほかツイッターに投稿されたランナーへの応援メッセージのリアルタイム表示や、GPS機能でバナナ補給ポイントを表示する機能も。

 本体がバナナのため、完走後には食べることもできる。使用するバナナは「ラカタンバナナ」。2月22日に開催予定の「東京マラソン2015」では数人のランナーが同デバイスを装着し、完走を目指す。

 また、同社は当日、同マラソンイベント公認バナナの「極撰(ごくせん)」と「スポーツバナナラカタン」を合計9万6000本無償提供する。前者は糖度が高く、エネルギー補給に向いていることから中継ポイントで、後者は疲労回復と消費されたグリコーゲンの補給を促進することからゴール地点で配布する。

 特設サイトでは同デバイスのプロモーション動画や応援メッセージの投稿ができる。その他、ランナーへの応援メッセージはツイッターで「#wearable_banana」のハッシュタグをつけて投稿することでも参加できる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

観光客をはじめ、多くの参拝者が訪れる靖国神社外苑休憩所の新名物スタミナメニューが人気に(画像=店内の様子)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング