四谷荒木町にバー「80.8」-80年代の盛り上がりを酒と音楽で

四谷荒木町にオープンする「Bar 80.8」入口。場所は日本料理店「うえ村」などが入居する根本ビルの地下1階。

四谷荒木町にオープンする「Bar 80.8」入口。場所は日本料理店「うえ村」などが入居する根本ビルの地下1階。

  • 0

  •  

 四谷荒木町に6月12日、バー新店「80.8(はちじゅってんはち)」(新宿区荒木町、TEL 080-6539-7684)がオープンする。

 店舗面積は13坪。席数はカウンターとテーブル席を合わせた25席。同店は、80年代の洋楽や邦楽、ディスコナンバーをリクエストに応じて流すのが特徴。オーナーの赤池秀一さんは、地元・函館で約14年間飲食店を経営した後に上京し、飲食店での勤務経験などを経て今回の独立にこぎ着けた。

[広告]

 「今年45歳になるが、バブル期のパワーのあった時代を再現することで、お客さまに少しでも元気になってもらいたい」と話し、店名は、赤池さんが8月8日生まれで、80年代の音楽を流す店であること、昔ラジオのパーソナリティーになりたかったことから、放送局の周波数を想起させる「80.8」と名付けたという。

 アルコールメニューは、ビールをはじめカクテルやウイスキー(各700円)など。チャージ料金は500円。客単価は2,700~3,000円を見込む。

 「80年代は音楽と酒を媒体としたコミュニケーションがとれていた。高いお金を払って婚活に行くのではなく、リーズナブルに楽しめる店もある。全然知らない人同士でも気兼ねなく飲めて楽しめる店、年末までには盛り上がっている店になれば」と話す。

 営業時間は19時~始発(土曜・日曜は終電まで)。祝日定休。