四谷の自転車カフェ「パンダーニ」が増床移転-アイテム数2倍に

移転増床した自転車カフェ「Pandani」の外観

移転増床した自転車カフェ「Pandani」の外観

  •  
  •  

 2007年10月に四谷・津の守坂通りにオープンし、自転車グッズやオリジナルウエアの販売とドリンクの提供などを行う日本初の自転車カフェ「Pandani(パンダーニ)」(新宿区舟町、TEL 03-6426-7662)が6月20日、増床移転オープンした。

巨大なオリジナルキャラクターを描いた店内壁面

 ファンの間で「伝説」といわれているイタリア人自転車選手「マルコ パンターニ」選手の名前からイメージし命名したという同店。外装・内装にツール・ド・フランスの山岳ジャージーである赤い水玉模様をポイントにし、愛好家だけではなく、通勤で自転車を利用している人や自転車に乗り始めて間もない人たちからも支持されている。

[広告]

 新店は、四谷三丁目駅近くの新宿通りから1本入った場所にある。オーナーの阿部ちひろさんは「店は変わっていくべきだという思いが根底にあったので、お客さんより先に変わらなければと思った」と話し、取扱アイテム数も増え、手狭になったこともあり移転を決めたという。

 店舗面積は約12坪。今回もスタッフらの手で仕上げたという内装は、壁面にパンダをモチーフにしたオリジナルキャラクターの巨大なイラストやライダーの姿を描くなどイメージも一新。商品は、オリジナルのジャージーをメーンに、Tシャツやキャップなどの小物類を含め以前の2倍ほどの80~100アイテムを取り扱う。現段階ではカフェとしての営業は行わず、商品の販売を中心に行っていく。

 「自転車産業が急激に大きくなりデザインの仕事が増えた」という阿部さん。「今後はデザインに力を入れていきたい。自転車文化がどれくらい膨れ上がるのかが楽しみ」と話し、「休みの日に車庫から車を出して整備していた車文化の人が、休みの日に自転車を整備する自転車文化に移行する人が増えてきているので、エコの面だけでなくビジネスとしてもこの流れに乗っていければ」とも。

 同店では以前、自転車選手を招いたトークショーを開催しており、新店でも予定しているという。営業時間は、平日=15時ごろ~20時ごろ、土曜=14時~20時、日曜=13時~19時。

  • はてなブックマークに追加