3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

早稲田鶴巻町に京都・嵯峨野の「和泉屋 吉之助」 催事販売有名店が常設店

新目白通りに面した店舗外観

新目白通りに面した店舗外観

  • 13

  •  

 京都・嵯峨野に本店を構える「和泉屋 吉之助」(京都市右京区嵯峨小倉山堂ノ前町)が関東圏初の常設店舗「和泉屋 吉之助 東京早稲田販売所」(新宿区早稲田鶴巻町)を東京の製造拠点にオープンして2カ月がたった。

店舗お薦めのさば寿し3種

 主力商品はさばずしとわらび餅。同店オリジナルの白みそとユズが香る「みそ焼き鯖寿し」や「しめ鯖寿し」「焼き鯖寿し」(以上、1本1,390円)は常温で持ち帰ることができる。わらび餅は小パックの「きなこ」(580円)、「抹茶うぐいす」(630円)、「はーふ&はーふ」(600円)と大パックの「きなこ」「はーふ&はーふ」(以上1,080円)。ほかにも「塩豆大福(つぶ餡)」(2個400円)、「芋けんぴ」(580円)なども用意する。

[広告]

 同店は現在、全国の百貨店やスーパーなどで一年を通し催事販売を展開するが、「今後は常設店舗も展開していく」と担当者は言う。

 営業時間は11時~20時。テークアウト販売のみ。

  • はてなブックマークに追加