学ぶ・知る

法政大学、神楽坂で優勝パレード 六大学野球12季ぶり優勝で

2018年東京六大学野球秋季リーグ戦閉会式(画像提供:法政大学)

2018年東京六大学野球秋季リーグ戦閉会式(画像提供:法政大学)

  •  

 法政大学(千代田区富士見2)硬式野球部が2018年東京六大学野球秋季リーグ戦で45回目の優勝を飾り、神楽坂で「優勝パレード」、市ヶ谷キャンパス(同)で「祝勝会」を行う。

優勝パレード告知チラシ

 秋季リーグ戦最終週、10月29日に行われた早慶戦で慶大が早大に負けたため、勝ち点4で法大・早大・慶大が並び、勝率で上回る法大の優勝が決まった。法大のリーグ制覇は12季ぶり45度目で、早大と並ぶ最多タイとなった。

[広告]

 地元神楽坂での優勝パレードは前回優勝時(2012年秋季)に雨天中止となったため、2009年春以来となる。11月19日、17時に市ヶ谷キャンパス正門前広場に集合し、17時30分に出発。飯田橋駅前交番前交差点から神楽坂下、神楽坂上を経由して赤城神社。折り返して同じルートを大学まで戻る。祝勝会は市ヶ谷キャンパス外濠校舎6階、「薩●(さった)ホール」(●は土偏に垂)で19時15分~20時45分まで(雨天の場合優勝パレードは中止、祝勝会は18時~19時30分)。

 法政大学広報課では「多くの人と優勝の喜びを分かち合いたい。学生の皆さんはもちろん一般の人もパレードに参加可能だが、途中参加はできないため集合場所からの参加を」と呼び掛けている。