天気予報

28

21

みん経トピックス

四谷荒木町に唐揚げの店神楽坂にグルメバーガー店

飯田橋に四川料理「セン品香」別館 新名物に「本場正統派汁なし担々麺」

飯田橋に四川料理「セン品香」別館 新名物に「本場正統派汁なし担々麺」

飯田橋駅近くにオープンした「純伝統四川家庭料理 セン品香(センピンシャン) 別館」

写真を拡大 地図を拡大

 飯田橋駅近くの早稲田通り沿いに5月12日、「純伝統四川家庭料理 セン品香(センピンシャン) 別館」(千代田区富士見1、TEL 03-6261-7988)がオープンした。※セン=くさかんむりに「千」

新メニュー「本場四川正統派汁なし担々麺」

 席数は、1階=カウンター6席、テーブル18席、2階=座敷30席(個室あり、宴会利用時は40席可能)。店主の範徳龍さんは「2016年11月にオープンした九段下本店(飯田橋2)もおかげさまで好調。飯田橋別館では新たなメニューも開発した。もっと多くの方に、本場四川の味を知ってほしい」と話す。

 5月末まで行っていた開店キャンペーン中は、ランチタイムに行列ができる人気ぶりだったという同店。キャンペーンが終了した現在も順調な客入りで、本店の常連客にも好評だという。

 「おすすめ」メニューは、別館だけの新メニュー「本場四川正統派汁なし担々麺」(880円)、同店オリジナル「石焼麻婆豆腐つけ麺」(980円)、「北海道産ラムとクミンの山椒(さんしょう)炒め」(1,180円)、中国では専門店も数多くあるという「本場重慶派の汁なし麻辣火鍋」(1,580円)など。全てのメニューに農家直送の千葉産パクチーがトッピング可能(無料)。

 ドリンクメニューの「おすすめ」は、自家製レモネードを使った「パクチーレモネード」(450円)や「パクチーモヒート」(480円)。その他、「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール」(480円)、「瓶ビール(中瓶)」(550円)、「青島ビール(瓶)」(480円)、「ビームハイボール」(380円)、「かめだし紹興酒」(グラス480円、デカンタ1,980円)など。

 「当店の強みは本場から直接仕入れる上質な香辛料。本場の味を、安くおいしく楽しんでもらいたい」と範さん。「汁なし担々麺や石焼麻婆豆腐つけ麺には、小ライスをサービスしてタレを最後まで楽しんでもらえるようにしている。卓上の自家製激辛香辛醤なども試してほしい」とも。

 営業時間は、11時30分~15時、17時30分~22時45分(以上、ラストオーダー)。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

牛込神楽坂の中国料理店「月下爐」で1日限定の北京ダック食べ放題イベント「ゲッカロ 北京ダック祭り」を開催(画像=中国の古い民家を思わせるノスタルジックな雰囲気の店内)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング