四谷の区設市場廃止、最後の営業店「シローズ」も退去猶予期間に

「四谷グリーンマート」内で唯一の営業店となった「シローズ」

「四谷グリーンマート」内で唯一の営業店となった「シローズ」

  •  
  •  

 JR四ツ谷駅北側にある新宿区の小売市場「四谷グリーンマート」(新宿区四谷1)が3月31日で廃止となった。

 同市場は、消費者への生活必需品を提供する施設として設置された区立施設で、2005年10月に区の条例により廃止が決定。入居していたクリーニング店や茶店、生花店などのテナントはすでに移転・閉店しており、広い同市場内で営業を続けているのは地下1階に入居する「シローズ」1店のみとなっている。

[広告]

 1996年から営業を続ける同店は、弁当の販売や宅配、ケータリングなどを行う店で、精肉店直営の味とボリュームで四谷界隈のビジネスマンやOLの人気も高い。「(結果として最後の店になったが)それぞれの事情があるからね」と同店店主。

 同市場は今年度中の取り壊しが決定している。新宿区消費生活センター担当者によると、取り壊し後に新たな建物が建つことはなく緑地に戻す予定だという。移転猶予期間である現在、同店の移転・閉店時期は未定。

荒木町に「四月一日」という名の日本料理店-珍・名字から命名(市ケ谷経済新聞)都心の「滝つぼ跡」に亀やスッポンの姿-四谷荒木町「策の池」(市ケ谷経済新聞)東京おもちゃ美術館、完成まで1カ月-「一口館長」は700人超に(市ケ谷経済新聞)旧花街・荒木町の若手店主らが合同イベント-若い世代の来店促進を(市ケ谷経済新聞)惜しまれた旧・文化放送社屋、装飾の一部が新マンションの外壁に(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加