防衛省で「省」昇格後、2回目の入省式-石破大臣訓示

防衛省に入省した122人の新職員。

防衛省に入省した122人の新職員。

  •  
  •  

 防衛省(新宿区市谷本村町)で4月1日、防衛「庁」から防衛「省」になってから2回目の入省式が行われた。

 真新しいスーツ姿で出席した新職員たちは、石破茂防衛大臣から「国民にとっての最後のよりどころが我々防衛省である。1日を終えてみて今日、国家のために何ができたかをよく考えて欲しい。ともによりよい防衛省を国家のために、未来のために目指していきたいと望む」という訓示に真剣な面持ちで耳を傾け、社会人としての新たな1歩を踏み出した。

[広告]

 今年事務官や技官として採用されたのは122人(男性94人、女性28人)。大学で国際情勢を学び入省した森田陽(あきら)さんは「昨日まで学生気分が残っていたが、入省式を終え社会人としての実感が沸いた。新しい風になって活を入れていきたい」と話した。

防衛省「自衛隊検定」結果発表-1級認定139人に「マスターピンバッジ」(市ケ谷経済新聞)陸上自衛隊、防衛省前で「東京マラソン」ランナーを応援演奏(市ケ谷経済新聞)防衛省の研究発表会、来場者数は昨年の6倍-「ガンダム」効果で(市ケ谷経済新聞)防衛省、映画「ミッドナイトイーグル」に全面協力-省内で試写会も(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加