3密を避けて新しい生活様式へ!

「神楽坂」がさらにあでやかに-老若男女が「着物姿」で練り歩く

楽しそうに神楽坂を練り歩く参加者たち。沿道の観光客がデジカメ撮影する姿も

楽しそうに神楽坂を練り歩く参加者たち。沿道の観光客がデジカメ撮影する姿も

  • 0

  •  

 東京に少しずつ春らしさが見え始めてきた3月2日、「きもの百人 雛の会」による着物姿で神楽坂を練り歩くイベントが行われた。

 同イベントは、着物姿で練り歩くパフォーマンスを通じて街の魅力や日本文化を体験、伝承していくことを目的とし、今回は記念すべき第1回目。「着物姿の似合う街」のイメージが強いことから「神楽坂」を選び、開催の運びに。

[広告]

 街の名所を歩き回る「神楽坂お練り」以外に、「投扇興(とうせんきょう)を愉(たの)しむ」講座や、着物のフリーマーケットなど、「着物」や「和」にちなんだ多彩なイベントも。女性の参加者が圧倒的に多く、そのあでやかな着物姿は、行き交う観光客など多くの人たちの目を楽しませていた。

きもの百人 雛の会神楽坂きものフリマ2008着物姿の100人が神楽坂を練り歩き-イベントで街の魅力を体験(市ケ谷経済新聞)神楽坂の神社で「着物」のフリーマーケット-試着室も用意(市ケ谷経済新聞)かくれんぼ横丁の料亭「神楽坂しなり」が昼懐石-着物で散策も(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加