四ツ谷にオーセンティックバー、40歳を前に店主が独立開業

四ツ谷・しんみち通りにバー「Scotch Watch」がオープン(画像=オーナーの古舘康洋さん)

四ツ谷・しんみち通りにバー「Scotch Watch」がオープン(画像=オーナーの古舘康洋さん)

  •  
  •  

 四ツ谷駅前から続く飲食店街・しんみち通りに2月8日、バー「Scotch Watch」(新宿区四谷1、TEL 03-6380-4919)がオープンした。

 店を切り盛りするのは、銀座や汐留、紀尾井町などのバーに約17年間勤務してきたというオーナーの古舘康洋さん(38)。40歳を前に独立を決意し、開業にこぎ着けた。一日の終わりに力を抜く場所をイメージしたという店内は、30~50代の大人がくつろげるような落ち着いた雰囲気に仕上げた。店舗面積は6坪。席数はカウンター6席。

[広告]

 メニューは特に用意せず、リクエストに応える形で提供。スコットランド・アイラ島「BOWMORE」のたる出しウイスキー(1ショット2,000円)をはじめとするウイスキー約100種類をメーンに、ワインやカクテルなどを取りそろえる。ドリンク=800円~、フード=400円~、チャージ=700円。

 「待ち合わせや食事の後にもう少し話そう、もう少し飲もうといったシーンで使っていただければ。地域の方に愛される店になれれば」と古舘さん。「いろいろな人と話ができ、出会いがある所にバーテンダーという仕事の魅力を感じている。カウンターの中でいい感じに年を重ねていきたい」と笑顔を見せる。

 営業時間は18時~翌2時。日曜定休。