食べる

飯田橋にカフェ新店-ファミレスに代わる「サードホーム」感覚の店目指す

飯田橋にオープンした「CONGRATS CAFE」店内の様子

飯田橋にオープンした「CONGRATS CAFE」店内の様子

  •  
  •  

 飯田橋・ホテルメトロポリタンエドモント近くに11月28日、「CONGRATS CAFE(コングラッツカフェ)」(千代田区飯田橋3、TEL 03-6272-3907)がオープンした。

建物の2階に位置する店舗外観

 店舗面積は18坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた28席。ミッドセンチュリー調のインテリアで統一した店内は、ローソファ・ローテーブルでリビングを思わせる「サードホーム(第3の家)」のような雰囲気に仕上げた。

[広告]

 店名は、同店を運営するティノワークス(同)・山口哲也社長のアメリカ人の元上司が、何かいいことがあるたびに口にしていたという「コングラッツ」から取ったもの。日常の小さないいことを共有できる場、みんなが集まってコミュニケーションをとれる場として名付けた。「感度の高い20~40代の飯田橋OL」をコアターゲットに据え、効率化を重視するファミリーレストランなどの外食業界とは対照的に、イベントやワークショップの開催など地域と密接につながる地域貢献の場、クリエーターのアウトプットの場を目指す。

 カフェメニューは、グアテマラ・サンタアナ農園のスペシャリティ豆を使ったエアロプレスコーヒー、カフェラテ、カプチーノ(以上500円)、エスプレッソ(400円)、フランス産の茶葉を使用したブレンドティー、アールグレイ、ロイヤルミルクティー(以上600円)、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、ジンジャーエール(以上500円)など。

 アルコールメニューとして、生だるで提供するMIYAJIMAペールエール、COEDOピルスナー(以上600円)やビオワイン(グラス=700円~、ボトル=3600円~)などを用意する。

 フードメニューは、魚介類のシトラスマリネやフランス直送チーズの盛り合わせ(以上700円)、ニース風サラダ(600円)、「肉厚スペアリブの スターアニス風味」(1,300円)など。フレンチ出身のシェフによる、フレンチをベースにしたカジュアルなメニューを取りそろえ、今後は丼ものやスイーツも提供していく。

 「酒を飲んでも飲まなくても、会社帰りや学校帰りに普段使いできる気軽なカフェを提案したい。地元住民や近隣で働く方、ファミリーまで、ファミレスに代わる『サードホーム』的なカフェが理想」と山口社長。同店が入居する建物「フィルパーク飯田橋」を運営するフィル・カンパニー(飯田橋3)は、駐車場を活用した空中店舗開発事業を手掛けており、今後はフィル・カンパニーと連携した店舗展開を視野に入れているという。

 営業時間は11時~23時(土曜は18時~)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加