天気予報

18

5

みん経トピックス

市ケ谷にオーシャンフード店主演猫、女優らとヒット祈願

荒木町の坊主バーで「オモロイ坊主サロン」-和尚と2次会も

荒木町の坊主バーで「オモロイ坊主サロン」-和尚と2次会も

ユニークな経歴を持つ藤川チンナワンソ清弘和尚

写真を拡大 地図を拡大

 現役僧侶が運営することで人気のショットバー「坊主バー」(新宿区荒木町、TEL 03-3353-1032)で4月12日、「オモロイ坊主サロン」が開催される。

 同イベントは藤川チンナワンソ清弘和尚を囲み、気軽にお釈迦様の教えに触れてもらおうという会。藤川和尚の世話人で、「坊主バー」を経営する藤岡さんが営業前の同店を毎回開催場所として提供している。

 藤川和尚は、仕事で訪れたタイでブッダに引かれ51歳で出家したというユニークな経歴を持ち、2006年の帰国後は全国各地で法話会や瞑想会などを開催。メールマガジンの発行やミクシィ上での情報発信など、オンライン上でのコミュニケーション活動も積極的に行っている。

 同イベントは、基本的には藤川和尚の法話を中心に進行するが、参加者たちからの個人的な相談などを取り上げるかたちで毎回異なった展開を見せる。時間内で話し足りない参加者たちとは近くの居酒屋で「2次会」が開催されることもあるという。

 今回で8回目の開催となる同イベントは、昨年8月の第1回開催以来毎回活況を呈しているといい、参加者は老若男女を問わず同バーの常連客なども含まれる。イベント関係者は「気軽にふらっと立ち寄ってもらえれば」と話す。

 開催時間は15時~18時。会費は2,000円(ワンドリンク付き)。

「オモロイ坊主サロン」の会場となる「坊主バー」(関連画像1)「オモロイ坊主サロン」の会場となる「坊主バー」(関連画像2)オモロイ坊主を囲む会現役僧侶が運営する「坊主バー」、静かな人気に-悩み相談や説法も(市ケ谷経済新聞)ギター「流し」歴50年の平塚さん、今夜も四谷荒木町で歌う(市ケ谷経済新聞)

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂の熱海湯階段手前にオープンした個室割烹「神楽坂 梅助」(画像=趣のある店舗入り口)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング