市ケ谷に「オーシャンフード」店-南国料理・タヒチのビールなど提供

ドリンクメニューにはハワイのビール「パイプラインポーター」や「ビックウェーブ」、「ロングボード」なども。

ドリンクメニューにはハワイのビール「パイプラインポーター」や「ビックウェーブ」、「ロングボード」なども。

  • 0

  •  

 食に関するプロモーションやコンサルティングなどを展開するMANTEN(千代田区)は4月7日、オーシャンフードをメーンとしたカフェ&バー「Howzit?(ハウゼ)」(千代田区九段南3、TEL 03-3263-0844)をオープンした。

 オーシャンフードとはハワイアンやポリネシアン料理など世界中の海(オーシャン)に面した南国料理の総称。「How’s it going?=元気?最近どう?」を省略したハワイ訛りの英語から名付けた店名には「くつろいでもらいたい、明日も頑張ろうという気持ちになってもらいたいという思いを込めた」と同社の中尾さん。

[広告]

 ウッド調の内装に仕上げた約13坪の店内は、今後さまざまな装飾品や小物類でリゾート感を演出していくといい、スポーツ観戦などにも対応できる大型モニターも設置した。総席数は26席。

 メニューの考案や開発には、オーシャンフードの料理教室などを主宰するたかのけいこさんをフードアドバイザーとして招き、「ロコモコ」(880円)や「ジャークポーク」(900円)、「シュリンプポキ」(700円)などを提供。ドリンクメニューも50~60種類と豊富に取りそろえ、タヒチのビール「ヒナノビール」(750円)などの珍しいメニューも扱う。

 「この店を軌道に乗せることが先決だが、5年間で3店舗をそれぞれ別の業態でオープンさせたい」という中尾さんは、「『食』と『地域』をテーマに、食材の紹介を兼ねた試食会や料理教室などを企画し、店舗を地域の情報発信拠点にしていきたい」と話す。

 営業時間は17時~24時。日曜・祝日定休。今後はランチタイムの営業も予定する。

Howzit?(ハウゼ)「パク森」15年、日本人向けカレー定着-雑誌掲載狙い「市ヶ谷」拠点に(市ケ谷経済新聞)市ヶ谷に森田恭通さんデザインのイタリアン新店-女性ターゲットに(市ケ谷経済新聞)

  • はてなブックマークに追加