天気予報

28

24

みん経トピックス

九段下に魚料理と日本酒の店四谷荒木町に仏レストラン

神楽坂通りに「椿屋珈琲店」 神楽坂エリアのカフェ事情に新たな動き

 神楽坂通り沿いに1月28日、「椿屋(つばきや)珈琲(コーヒー)店 神楽坂茶房」(新宿区神楽坂5、TEL 03-6280-7236)がオープンした。運営は「東和フードサービス」。

 「石畳の横町や路地に通じるメーンストリートの神楽坂通りに面し、店内には花街として栄えた粋な街並みを内装に表現した」という同店。コンセプトは「コーヒーマイスターが入れる本格派のサイホンコーヒーを、高級感あるアンティークな雰囲気の中でゆったり楽しんでいただく喫茶店」。神楽坂通りの他のチェーン系カフェとは価格帯的にも一線を画す。店舗面積は49坪、席数はテーブル90席。

 営業時間は8時~翌5時(日曜・祝日は9時~23時)。深夜営業のカフェが少ない神楽坂エリアで、始発の時間帯まで営業するのは同店だけ。

 神楽坂1~6丁目の神楽坂通りに面するチェーン系カフェは、「スターバックス コーヒー 神楽坂下店」「ドトールコーヒーショップ 飯田橋神楽坂店」(神楽坂1)、「上島珈琲店 神楽坂店」(神楽坂3)、「カフェ・ベローチェ 神楽坂店」(神楽坂4)、「カフェ・ド・クリエ 神楽坂上」「珈琲館 神楽坂店」(神楽坂6)の6店舗だったが、ここに「椿屋珈琲店」が加わった。

 「椿屋珈琲店」の向かいに位置する「カフェ・ベローチェ」は3月30日までの間、店内改装工事のため休業。同ブランドを展開する「シャノアール」(豊島区)は、「神楽坂店の改装は、新店オープンやマクドナルドの撤退など、神楽坂エリア全体の動向を見て判断した。コンセプトなど詳細は時期が来たら発表する」と話す。リニューアルオープンは3月31日。

 神楽坂エリアは、1本路地を入れば小さな個人経営のカフェも多く、今後のカフェ動向に注目が集まっている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

市ケ谷に大日本印刷の体験型施設「DNPプラザ」がオープン(画像=1階のフォトゾーン)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング