買う

神楽坂の「日本茶カフェ」店主が単行本-ブックデザインも自ら手がける

神楽坂のカフェ「日本茶 茜や」の店主・柳本あかねさんの著書「いちばんおいしい日本茶のいれかた」。

神楽坂のカフェ「日本茶 茜や」の店主・柳本あかねさんの著書「いちばんおいしい日本茶のいれかた」。

  •  
  •  

 神楽坂の住宅地に店を構えるカフェ「日本茶 茜や」(新宿区袋町、TEL 03-5206-7990)の店主・柳本あかねさんの著書「いちばんおいしい日本茶のいれかた」が9月17日、朝日新聞出版から発売された。

神楽坂の静かな住宅地に店を構える「日本茶 茜や」

 同書では、お茶のいれ方のプロセスを写真と文字で細かく説明。煎茶をはじめ、玉露やほうじ茶、冷抹茶などのいれ方に加え、同店で使用している道具や器、インテリアの紹介、手作り菓子のレシピなども掲載している。

[広告]

 日本茶インストラクターの資格をもつ柳本さんは、装丁・本文組みを含めた書籍全体のブックデザインを中心としたグラフィックデザイナーで、2級建築士としても活躍。同書の出版も、別の書籍の装丁の仕事で一緒になった編集者と同店で打ち合わせを繰り返す中で持ちかけられたことがきっかけだったという。

 出版の話をもらった時には「びっくりした」と柳本さん。「これまで書籍にかかわる仕事はしてきたが、自分で文章を書いてそれが書籍になるのは初めて。立場が逆転というか、違う目線で書籍にかかわることができて面白かった」と話す。「コーヒーなどと違って、日本茶のいれ方についての書籍は業界の方が読むような専門誌しかなく『何で日本茶の本はないんだろう?』と思っていたところでの話だった」とも。

 柳本さんは同書の文章だけでなく、ブックデザインも手がけた。「お茶が好きな人や和が好きな人以外にも手に取ってもらい、お茶を知るきっかけ、入り口になれば」と話す。

 価格は1,155円。

  • はてなブックマークに追加