飯田橋に九州料理と手羽先の店「とめ手羽」-手羽先の完食記録は58本

1本ずつ串に刺してあるのが特徴の名物「とめ手羽」。完食記録は58本。

1本ずつ串に刺してあるのが特徴の名物「とめ手羽」。完食記録は58本。

  •  
  •  

 九州を中心に手羽先専門店やダーツカフェなどを展開するフェリックス(福岡県福岡市)は6月21日、飯田橋駅東口に九州料理と手羽先の店「とめ手羽 飯田橋店」(新宿区揚場町、TEL 03-6228-1500)をオープンした。

 店舗面積は35坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた54席。素揚げした手羽先に塩でシンプルに味付けした名物料理「とめ手羽」と九州の食材を使用した馬刺し、もつ鍋をメーンに提供する。同社は2005年に「熊本本店」をオープンし、その後九州を中心に店舗を拡大。2008年に東京初出店となる神田店をオープンし、昨年五反田店、新宿店をオープン。同店は都内4店舗目となる。

[広告]

 主力メニューは、名物の「とめ手羽」、新味の「あま手羽」(以上、1本180円)、「博多もつ鍋(あっさりしょうゆ、京風白みそ、濃厚辛みそ)」(1人前1,280円)、大根おろし入りのダシに豚肉や野菜をくぐらせて食べる「みぞれつゆしゃぶ」(1人前1,780円)など。熊本直送の馬刺しは、「上バラ刺」(2,200円)や「上タン刺」(2,000円)、「タテガミ刺」(1,300円)、「レバー刺」(1,700円)、「ハツ刺」(1,200円)、「アバラ刺」(1,500円)などさまざまな部位を提供する。

 ドリンクメニューは、鹿児島の焼酎を中心に芋・麦・米・黒糖焼酎(530~700円)、梅酒(550円~)、カクテル(650円)、サワー(500円)、ワイン(グラス=550円、ボトル=1,500円~)、生ビール(550円)、日本酒(1合=680円~)など。「薩摩維新」「一本儀」「南々方」「さつま無双」などの鹿児島限定焼酎(各種800円)や「伊佐美」「なかむら」「魔王」などのプレミアム焼酎も。ビジネスマンをメーンターゲットにとらえ、客単価は4,000~4,500円を見込む。

 同店の名物「とめ手羽」について、同社取締役の竹田裕輔さんは「九州では『とりあえず10本』『とりあえず20本』といった注文が多い」と話し、これまでの完食記録は福岡西通り店の58本。来店客のほとんどが注文するという。「これまでの店舗では、一度来た人が誰かを連れてまた来てくれる。(飯田橋店も)来た人が誰かに紹介したくなるような店にしていきたい」と竹田さん。今年10月には豊洲に新店のオープンも予定している。

 営業時間は11時30分~14時(月曜~金曜)、17時~23時。オープンを記念して今月24日まで、焼酎ボトル(黒霧島、島美人、二階堂、白岳「しろ」)を1,000円で提供する。

  • はてなブックマークに追加