高橋尚子さんら皇居「決起ラン」-9月開催シドニーマラソンに先駆け

Qちゃんこと高橋尚子さんと高橋さん率いる民間親善大使「チーム10」メンバーたち。

Qちゃんこと高橋尚子さんと高橋さん率いる民間親善大使「チーム10」メンバーたち。

  •  

 半蔵門ランナーズサテライト「JOGLIS(ジョグリス)」(千代田区麹町1)で5月17日、9月に開催される「シドニーマラソン2010」の記者発表会が行われ、シドニー五輪で日本人女子陸上選手初の金メダルを獲得した高橋尚子さんらが出席した。

皇居「決起ラン」の様子

 2000年に開催されたシドニー五輪を記念して始まった同大会は、南半球最大の都市マラソン。年に1度だけ開放されるシドニーハーバーブリッジを渡り、世界文化遺産のオペラハウスがフィニッシュ地点となるコースには、シドニー五輪のマラソンコースや多くの観光スポットも組み込まれている。

[広告]

 開催時期の9月は豪では早春にあたり、降水量も低いほか、日本との時差が1時間と少なく体調管理がしやすいのも特徴の一つ。海外からの参加者も多く、日本からは昨年555人が参加し、女子フルマラソンの部では日本人選手が優勝した。

 会見で、同大会公式親善大使を務める高橋さんは「シドニーは人生を変えた街。走ることの楽しさや自然の美しさを味わってもらい、参加した人にとって思い出に残る地になれば」と参加を呼びかけた。

 今年は(高橋さんが)金メダルを獲得してから「10」年、同大会が「10」回目の開催であることにちなみ、高橋さんをリーダーとしてフルマラソン完走を目指す民間親善大使「チーム10」を結成。「チーム10」のメンバーは、学生や会社員など一般公募から選ばれた5人とパートナー企業の推薦者5人で、メンバーは、参加者代表としてフルマラソンに挑む自らの姿や高橋さん指導によるチーム練習会の様子を特設ブログでレポートしていく。

 パートナー企業のアシックスから選出されたタレント・吉澤ひとみさんは、高橋さんと遠い親せき関係にあたるという。「血がつながっているということで素質はあると思うので、ビシバシ指導します(笑)」と高橋さんがげきを飛ばし会場を沸かせる一幕も。会見後、高橋さんと「チーム10」メンバーは皇居「決起ラン」を実施。高橋さん先導の下、1キロほどのランニングを楽しんだ。