四谷の新ホテル地下にワインバー-酒類卸、サルヴァトーレとコラボ

三井ガーデンホテル四谷の地下1階にオープンした「BOTTEGA四谷店」。壁一面に600種類のワインが並ぶ。

三井ガーデンホテル四谷の地下1階にオープンした「BOTTEGA四谷店」。壁一面に600種類のワインが並ぶ。

  •  
  •  

 関西を中心に業務用酒類食品卸売業を手がけるFOR-RESTホールディングス(大阪市北区)の子会社で酒類・食料品の販売などを行うマルシェデマルシェ(同)は3月3日、同日開業した「三井ガーデンホテル四谷」地下1階にワインバー「BOTTEGA(ボッテガ)四谷店」(新宿区四谷1、TEL 03-3358-9547)をオープンした。

 同社は「サルヴァトーレ」へ酒類を卸しており、その縁からサルヴァトーレを展開するワイズテーブルコーポレーション(港区)とのコラボレーションが実現。昨年12月に1号店となる「BOTTEGA 銀座店」をオープンし、同店が2号店となる。

[広告]

 店舗面積は46坪。カウンターとテーブル席を合わせた総席数は42席。シックな雰囲気の店内には壁一面に600種類のワインを陳列し、商品はすべて販売も行う。

 メニューは、「モツァレラチーズとトマトのカプレーゼ」(600円)や「小海老とマッシュルームのガーリックソテー」(550円)、「揚げニョッキと空豆のカラスミ和え」(550円)などサルヴァトーレプロデュースのイタリアンをはじめ、フレッシュチーズや切りたての生ハムなどを提供する。松坂牛を使用した「松坂牛グリルハンバーグステーキ」(1,380円)や「松坂牛の赤ワイン煮込み」(1,480円)も。

 ドリンクメニューは、「いろいろな種類を試してもらいたい」(同社)とグラスワイン(500円~)を日替わりで常時20種類を提供。ワイン以外にもビール(420円~)や焼酎、日本酒、ウイスキー、カクテルなども用意する。同店で販売する商品であれば、店頭小売価格に抜栓料500円(ハーフボトル、ビールは300円)を加えた料金で、店内で飲むことも可能。客単価は3,500円を見込む。

 ターゲットは、近隣のビジネスマンとホテルの利用客。同ホテル1階に出店する「ピッツァ サルヴァトーレ クオモ四谷店」でも同店のワインを提供するほか、デリバリーピザにワインをセットにした宅配サービスやボトルワイン(750ミリリットル)を6本以上または1万円以上の購入客に無料配送サービスも行う。

 営業時間は11時30分~翌4時(日曜・祝日は24時まで)。ランチ=11時30分~15時、ディナー&バー=17時~。

  • はてなブックマークに追加