外堀沿いに深海イメージのリラクゼーションカフェ-テーマは「脱力」

「究極の癒し」をテーマにしたリラクゼーションカフェ「水音」。薄暗い照明や大きな水槽、マッサージ機などでリラックス空間を演出する。

「究極の癒し」をテーマにしたリラクゼーションカフェ「水音」。薄暗い照明や大きな水槽、マッサージ機などでリラックス空間を演出する。

  •  
  •  

 法政大学市ヶ谷キャンパス近くに9月17日、リラクゼーションカフェ「水音(sui・on)」(千代田区九段北4、TEL 03-3239-5654)がオープンする。

店内のイメージパース(関連画像)

 店舗面積は40坪。「深海」をイメージしたという店内はAゾーンとBゾーンに分かれており、Aゾーンには10種類以上のマッサージ機器や酸素バーなどの設備を設け、リラックスするための補助役割を果たす。Bゾーンには1人掛けソファ15席を設置。パーテーションで仕切られたソファの前方には大きな水槽2つを用意した。

[広告]

 「コンセプトは『脱力』」と広報担当者。思いつく限りの手法でリラックス空間に仕上げたという。「市ケ谷駅周辺には企業も多く、カフェに1人で訪れているビジネスマンらの姿も多く見受けられるが、騒がしい場所を好まない人や誰かと話をすることを目的とせずにリラックスする場所を求めている人などがターゲット」とも。

 料金は、30分=600円。店内にはフリードリンクコーナーを設置し、マッサージ器具などの利用も料金に含む。夜の営業ではアルコール類(別料金)の提供も予定している。

 営業時間は11時~23時。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加