イカロス出版「青春18きっぷ」ガイド本が好調-誌面も大改訂

売れ行きが好調な「青春18きっぷパーフェクトガイド2008-2009」

売れ行きが好調な「青春18きっぷパーフェクトガイド2008-2009」

  •  
  •  

 イカロス出版(新宿区市谷本村町)が発行・販売を行う「青春18きっぷパーフェクトガイド2008-2009」の売れ行きが好調だ。

 JRが発売する「青春18きっぷ」は、JR全線の普通・快速列車の普通車自由席に自由に乗り降りできる期間限定の乗車券。年齢制限を設けていないことから長期休暇の学生から旅行を楽しむ中高年まで幅広い層の利用が可能で、1枚の乗車券で期間中5回乗車でき、1人で5日間の利用や5人で1日の利用など、用途に合わせた方法で使用できる。JR東日本ではこの5年間、毎年25万枚~30万枚を販売し、JR発足20周年にあたる昨年は35万枚以上を販売している。

[広告]

 同社では10年ほど前から「青春18きっぷ」のガイド本を発行。当初は単独で長距離を安く移動したいという男性をターゲットとしてきたが、今回はグループで近場に日帰り旅行をしたい女性もターゲットに含めた大幅なリニューアルを行った。今年のガイドにはJR6社の路線ガイドやロケーション情報、駅からすぐに行ける温泉情報など新たなコンテンツも取り入れ、「いつ、どこの駅を通過したか」がわかるようにチェックシート機能も付け加えた。

 「青春18きっぷ」の使用が可能となる時期に合わせての発売となった同ガイドは初版2万部が発行され、すでに在庫がわずかとなっている。同社編集担当者は「これまでと比較しても売れ行きが好調」と話し、「次回はさらにパワーアップしたものを提供したい」と早くも次号への意欲をみせる。

 価格は1,470円。

「日本鉄道旅行地図帳」が好調、一括予約者は想定の10倍以上に(市ケ谷経済新聞)昭文社と山川のコラボ歴史地図-全国道路地図上に史実をマッピング(市ケ谷経済新聞)昭文社、「北京五輪観戦ガイド」発売-世界遺産など観光情報も(市ケ谷経済新聞)「青春18きっぷ」トークライブーなつかしい列車の映像も同時上映(新宿経済新聞)イカロス出版

  • はてなブックマークに追加