3密を避けて新しい生活様式へ!

「シャービック」人気再燃-セブンの「できあがり品」が火付け役に

商品は冷凍庫の製氷皿に見立てた8個入りのトレイに入っている。

商品は冷凍庫の製氷皿に見立てた8個入りのトレイに入っている。

  • 0

  •  

 セブン-イレブン・ジャパン(千代田区二番町)が7月1日から販売している「シャービック」(126円)の売れ行きが好調だ。

 同社では、1970年代にハウス食品から発売され、家庭で手軽に作ることができる氷菓として人気を集めた「シャービック」を「できあがった状態」で商品化。コンビニの主客層が子どものころに食べた懐かしい味を再現し、製氷皿に流し入れて作るという当時の作り方を再現した容器で販売を始めた。

[広告]

 発売直後は、品切れや売り切れ店が続出するなど人気が続き、2種類(イチゴ味、メロン味)の商品の生産・提供が追いつかず、1種類(イチゴ味)のみの販売で対応を行っていた。同社広報担当者は「販売計画を立て万全の状態での販売だったにもかかわらずこのような事態になったことに驚いている」と話し、「(ハウス食品の)『シャービックの素』の売れ行きも伸びていると聞いている」という。

 ネット上でも、幼少期に食べた同商品を懐かしむコメントや、「できあがりを待てずに、何度も冷凍庫を開けては母親に怒られた」などのエピソードをブログで紹介する例も多く見受けられるなど、かつて夏の風物詩として定着した同商品の人気再燃ぶりがうかがえる。

 早い梅雨明けと猛暑も後押しし好調な同商品は、現在2種類の生産を再開している。

そのまま食べられる「シャービック」-セブン-イレブンで限定販売(市ケ谷経済新聞)開始1週間、「セブンネット」出足好調-高額品含む20万点扱う(市ケ谷経済新聞)セブン-イレブン、食情報誌「dancyu」とコラボカレー-数量・期間限定で(市ケ谷経済新聞)好調「ごくせん」から「熊井ラーメン」商品化-セブンやヨーカ堂で販売(市ケ谷経済新聞)セブン‐イレブン・ジャパン

  • はてなブックマークに追加