食べる 買う

市谷に「アイランド・バーガーズ」 30種超のグルメバーガー提供

ベーコン・エッグ・チーズバーガー

ベーコン・エッグ・チーズバーガー

  • 11

  •  

 市谷にハンバーガーカフェ「Island Burgers(アイランド・バーガーズ)市ケ谷店」(千代田区九段北4、TEL 03-6380-8429)がオープンして1カ月がたった。オープン日は4月26日。席数は23席。

「Island Burgers」を経営するSUBLIME社長の高木耕一さん(左)

[広告]

 1号店の四谷三丁目店がオープンして7年目。昨年5月に2号店となる高田馬場店を開店し、3号店目として市ケ谷店を開いた。

 同店は現在、30種類以上のグルメバーガーを提供しており、使っている肉は一切冷凍保存しない。バンズは、「1号店開店以来、世話になっている」という新宿の老舗のパン店「峰屋」にオリジナルレシピで特注している。

 アイランド・バーガーズ開店の背景は、創業者がサーファーで、海から上がってハンバーガーを食べながらビールを飲むのが好きだったことがきっかけ。店名の由来は、ヤシの木のピックが刺さったハンバーガーが島に見えることから。

 同店を経営するSUBLIME(練馬区)社長で、2代目として引き継いでいる高木耕一さんは「当店を市谷地域に根付かせていくことを考え、店内はシックなイメージにし、落ち着いて召し上がってもらえるように場づくりにもこだわった。学生もよく通るので、外観にネオンのハンバーガーを飾り、かわいく、目を引く店にした。この周辺に住んでる方は食にこだわっている人が多いと思うので、食材にこだわって提供している」と話す。

 「元々、この場所は欧風カレー店があり、20年近く営業していたこの場所を引き継いでいるので、我々も長く繁盛するしない関係なく、『あそこのハンバーガー屋さんね』と地元の方々に親しまれるような、愛される店を目指していきたい。小さなお子さまから老若男女問わず、いろいろな方に当店のハンバーガーを味わってもらいたい。ぜひ気軽に食べに来ていただければ」とも。

 市ケ谷店のみシェイクの提供を先行スタートする。バニラ・イチゴ・バナナの3種類を用意。

 メニューは、1週間かけて仕込んだ自家製ベーコンとオニオンリングをのせた「Theアイランドバーガー」(1,680円)、「ベーコン・エッグ・チーズバーガー」(1,380円)、「アボカドベーコンバーガー」(1,300円)など。テレビ東京のドラマ「女子グルメバーガー部」に登場した「パイナップル・チーズバーガー」(1,350円)も「お薦め」だという。全てのハンバーガーにフレンチフライとピクルスが付く(テークアウトの場合はフレンチフライのみ)。

 営業時間は11時~21時45分。2022年3月に下北沢店オープン予定。

週刊みんなの経済新聞 ハッピーニュースアワー
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース