食べる

神楽坂に「青森」がコンセプトのダイニングバー 元自衛官が開業

店主の小嶋桂司さん

店主の小嶋桂司さん

  • 90

  •  

 「青森」をコンセプトにしたダイニングバー「Aotaimatsu(アオタイマツ)」(新宿区矢来町、TEL 03-6228-1292)が4月7日、神楽坂にオープンした。

野辺地ホタテの貝焼き味噌

 同所に以前あったオーストラリアとニュージンランドのワインバル「ズーガンズー」の経営者と同店店主の小嶋桂司さんが知り合いで、その縁から店を開いた。

[広告]

 小嶋さんは元自衛官で、第1空挺団というパラシュート部隊に5年間勤務していた。所属していたチームのエンブレムが「たいまつ」だったという。自分を形作った部隊のエンブレムと、青森の人が集まってこられるように目印になるという2つの意味を掛けて「アオタイマツ」と名付けた。

 店内のカウンターは、天然のトチノキを一枚板で切り出している。「気軽にみんなでしゃべることが目的なので、カウンターは特にこだわった。温かみを感じられるよう、無駄な加工は入れていない」という。

 小嶋さんは「この店を青森のモデルショップと位置付け、青森の食材のほか、調度品や器も青森の焼き物を使っている。青森という土地を知ってもらい、親しんでいただき、もっと青森を盛り上げていきたい」と意気込みを見せる。「元自衛官で見た目はいかついが、割とフランクに仕事をしている(笑)。こうしたご時世なので、しゃべりたい、鬱憤(うっぷん)を晴らしたい方なども、おいしい料理とドリンクでおもてなしするので、楽しみにお越しいただければ」とも。

 メニューは、青森で採れたホタテを使い、貝焼きみそという郷土料理をアレンジした「野辺地ホタテの貝焼きみそ」(1,000円~)、生で食べられるマッシュルームを使った「フレッシュマッシュルームのサラダ」(950円)、「鹿のロティ」(2,700円~)、「タテガミのツマミ」(1,200)など。旬の料理も用意する。

 営業時間は18時~21時(営業時間・定休日は変更となる場合あり)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース