食べる

牛込神楽坂に無農薬玄米おむすび&スムージーカフェ ビーガンにも対応

大久保通りに面する「ボタニカルビーチ」店舗入り口

大久保通りに面する「ボタニカルビーチ」店舗入り口

  • 5

  •  

 無農薬玄米おむすび&スムージーカフェ「BOTANICAL BEACH(ボタニカルビーチ)」(新宿区南山伏町、TEL 03-5206-3707)が牛込神楽坂にオープンして間もなく2カ月がたつ。

店頭サイン

 6月からディナー営業を始めた同店。おにぎりには自然海塩を1年間熟成させたという「熟成発酵塩」、料理には無農薬玄米やアルカリイオン水を使い、白砂糖を使わず有機・無添加の調味料を使うなど素材にこだわる。店内ではオーガニック・チョコレートなどの食品、調味料、化粧品や洗剤などの販売も行う。席数は8席。内装は廃材やリサイクル品などを使う。店主は「地球環境に優しい空間で体の内側からキレイを育む手伝いをする店を目指したい」と話す。

[広告]

 おにぎりのラインアップは、「塩むすび」(280円)、「梅デーツ」「しゃけ糀(こうじ)」(以上400円)、「インドベジキーマ」(430円)、「きのこバターしょうゆ」(460円)など。スムージーは、「グリーンマンゴー」(800円)、「甘酒ケール」「甘酒ジンジャー」(以上830円)、「トロピカルマンゴー」(900円)、「酵素バナナミックス」「酵素×アボカド」(以上1,000円)などを用意する。メニューにはビーガン対応やベジタリアン対応などを表示する。

 ディナータイムは、「季節の有機野菜スティック」「グラスフェッドビーフステーキ」などの自家製料理、オーガニックビールなどを用意する。

 営業時間は、カフェタイム=7時30分~18時(土曜・日曜・祝日は10時30分~18時)、ディナータイム=18時~23時。テークアウトやデリバリーにも対応する。