食べる

神楽坂に五感で体験できるメロン専門工房 青森県つがる市が出店

メロンを使ったメニューいろいろ

メロンを使ったメニューいろいろ

  •  
  •  

 青森県つがる市が7月7日、神楽坂に市の特産品であるメロンに特化したアンテナショップ「果房 メロンとロマン」(新宿区神楽坂3)をオープンした。

店舗外観

 1階は体験型ショップと工房、2階は20席のイートインスペースを用意する。

[広告]

 メロンの年間収穫量全国4位の青森県でその7割を生産するつがる市が、「メロンのことをもっと好きになってもらい、メロンを通じて同市を知ってもらいたい」との思いからオープンした日本初のメロン専門工房。

 つがる市で生産されるメロン5品種を中心に、一年中国内外の旬なメロンのオリジナルメニューを提供。「五感でメロンを体験する工房」として、メロン色のイメージで作った「オリジナルメロンink」や、触ればメロンの網目を感じる「メロンを感じるコースター」、メロンが香るフレーバーウオーターの「メロンフレーバーテイスティング」などが体験できる。

 メニューは「3種のメロンテイスティング」(680円)、「生メロンのフルーツサンド」(単品=550円、2種セット=1,000円)、「メロンジェラートフラッペ」(850円)、「エスプーマメロンかき氷」(1,200円)、「赤と青のメロンパフェ」(1,750円)など(価格は全て税別)。

 営業時間は11時30分~17時30分。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加