見る・遊ぶ

オンライン・フランス映画祭始まる 飯田橋・仏文化センターでスクリーン上映も

第10回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」ポスター

第10回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」ポスター

  •  
  •  

 全世界から参加できるオンライン映画祭、第10回「マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバル」(MyFFF)が現在、開かれている。飯田橋にある「アンスティチュ・フランセ東京」(新宿区市谷船河原町)では、過去の話題作や最新作が1月24日~26日、スクリーン上映される。

アンスティチュ・フランセ東京入り口

 MyFFFは、フランス映画の振興を目指す「ユニフランス」が次世代のフランス映画を代表する作品を世界各地に届けるオンライン映画祭。今回は6つのテーマの下に選ばれた長編12作品・短編19作品、合計31作品が世界中に配信される。長編部門、短編部門ともに各10本のフランス語作品がコンペティションに出品され、最優秀作品賞、観客賞(ラコステ賞)、外国報道機関賞が選ばれる。日本国内では長編8作品、短編15作品の配信を予定する。

[広告]

 スクリーン上映作品は過去の受賞作、「愛について、ある土曜日の面会室」(2009年)、「禁断のエチュード マルグリットとジュリアン」(2015年)、「地獄愛」(2014年)や今年の長編作品コンペティション部門参加作品「ラッカを脱出せよ」(2018年)などを用意する。

 チケット料金は、一般=1,200円、学生=800円、会員=500円。各回入れ替えで、全席自由、入場整理番号制。チケットの販売時間は上映各回の30分前から上映開始10分後まで。MyFFFは2月26日まで。