食べる

神楽坂に間借りランチカレー店「つぼみのかおり」 スパイスカレー売りに副菜も充実

5種の副菜が付く「チキンカレー」

5種の副菜が付く「チキンカレー」

  •  
  •  

 神楽坂の本多横丁にあるニンニク料理レストラン「はじめの一っぽ」(新宿区神楽坂4)内で、5月から、「ヘルシーな食材」にこだわる「スパイスカレー つぼみのかおり」が間借りランチ営業を始めた。

店舗入り口サイン

 以前同店で働いていたスタッフが手掛け、2種類のカレーを提供する。9種のスパイスに脂肪分が少ない鶏胸肉を使った「チキンカレー」と6種のスパイスにチリパウダーで辛さを利かせた「アサリカレー」(以上1,000円、ライス大盛り無料)。どちらも温玉を載せたサフランライスに5種類の副菜が付く。

[広告]

 副菜は「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を合言葉に、ヘルシー食材のマメ・ゴマ・ワカメ・野菜・魚・シイタケ・イモを使い、キノコのマリネや赤キャベツ、キャロットラペ、ひじき煮、ポテトサラダを用意。

 あいがけ(追加200円)。ランチドリンクはアイスティー・コーヒーや季節のドリンク(追加200円~300円)などを用意。テイクアウト(600円)も。

 営業時間は11時30分~13時30分。日曜定休。席数20席。

  • はてなブックマークに追加