食べる

四谷・陽運寺境内にカフェ「ガレージコーヒー」 四谷バルから移転

開店時には陽運寺入り口にカフェサインを掲げる

開店時には陽運寺入り口にカフェサインを掲げる

  •  

 昨年末まで「四谷バル」(新宿区左門町)で間借り営業していた「ガレージコーヒー」が1月2日、陽運寺(同)境内のお休み処に移転し、「たまにやってる寺カフェ」として営業を始めた。

境内のお休み処に間借り

 地元在住の店主は子育てが一段落した6年前、おいしいコーヒーの入れ方を勉強し、カフェで経験を積んだ後、地元のフレンチレストランやバルの店舗を間借りしカフェ営業を続けてきた。昨年、多忙のため閉店する予定だったが、地元の縁で陽運寺に出会い、不定期での営業継続となった。

[広告]

 店内ではハンドドリップで入れる「かなざわ式コーヒー」とオーガニックドリンクやスイーツを提供する。店主は「食べたいスイーツとのコラボ企画などを行い、地域のお休み処にしたい」と話す。

 メニューはハンドドリップの「有機栽培(ろばや)ダークロースト」(S=500円、M=600円)、「スペシャルティコーヒー・ブレンド」(S=550円、M=700円)、「スペシャルティコーヒー・シングルオリジン」(S=600円、M=750円)、マシンドリップの「ホットコーヒー」(S=400円、M=500円)、季節のハーブティー(300円)などを用意する。

 営業時間は毎月1日=10時~17時。ほかの営業日は「ガレージコーヒー」ホームページで告知する。