見る・遊ぶ 学ぶ・知る

靖国神社で初の「秋の夜長の御神楽」 特別中庭(ちゅうてい)参拝も

能楽堂で奉納される 「神前神楽」

能楽堂で奉納される 「神前神楽」

  •  

 靖国神社(千代田区九段北3)で9月21日~23日、閉門時間を延長して「秋の夜長の御神楽」が行われる。

本殿前・中庭

 期間中は21時まで夜の境内を散策でき、普段は入ることのできない本殿に最も近い本殿前・中庭で「特別中庭参拝」(16時30分~20時30分、玉串料500円、小学生以下無料)ができるほか、能楽堂での「神前神楽」(22日・23日、18時)の奉納、「江戸の里神楽」(21日、18時)、「阿波踊り」(22日、19時30分)、が奉納芸能として催される。

[広告]

 境内では2019年に迎える靖国神社創立150年の記念事業の一環でさまざまな整備事業が行われており、外苑北側参拝者休憩所は利用できないが、「大村益次郎像」そばの新しいスペースに飲食や子ども向けの露店が出店する。

 開門参拝時間は6時~21時。雨天開催。