食べる 見る・遊ぶ 買う

奥神楽坂にチワワがいるカフェ 玩具店の倉庫を改装、一部販売も

赤城神社裏手にオープンしたカフェ「Toddle Puft(トドルパフ)」店内の様子

赤城神社裏手にオープンしたカフェ「Toddle Puft(トドルパフ)」店内の様子

  •  

 赤城神社裏手の奥神楽坂エリアに5月1日、カフェ「Toddle Puft(トドルパフ)」(新宿区赤城下町)がオープンした。

看板犬のチワワ「コロネちゃん」

 玩具店の倉庫として使っていた場所を改装し、「おもちゃを眺めながらお茶を楽しむことができるカフェ」として開いた同店。看板犬のチワワ「コロネちゃん」が出迎える店内には、バイヤーでもある店主の中島教代さんがアメリカから買い付けてきたレトロなおもちゃや日本の古いおもちゃ、中島さんが趣味で集めたという絵が所狭しと並ぶ。

[広告]

 アメリカの古いダイナーで提供されるメニューをイメージしたレトロな雰囲気が漂うメニューは、アイスクリーム(350円)、アイスクリームサンデー(700円)、バナナスプリット(1,000円)、クリームソーダ(500円)、各種シェイク(600円)、コーヒー(380円)、ホットティー(ポット、500円)、トーストランチセット(750円)など。席数は12席。

 ショーケース内のアイテムは販売可能(一部除く)。店内はワークショップの開催や撮影など、レンタルスペースとしても利用できる。

 「1人で来てもらっても楽しいと感じていただける店、のんびりできる店になれれば」と中島さん。「メニューは見た目だけではなく味にもこだわった」と自信を見せる。

 現在は週末を中心に営業しており、営業日と営業時間はホームページで確認できる。犬を連れての来店も可能。