食べる

神楽坂に鉄板中華「青山シャンウェイ」 独立支援の場としても活用

ポルタ神楽坂2階にオープンした「青山シャンウェイ 神楽坂店」店内の様子

ポルタ神楽坂2階にオープンした「青山シャンウェイ 神楽坂店」店内の様子

  •  

 神楽坂下交差点近くの「PORTA(ポルタ)神楽坂」(新宿区神楽坂2)2階に11月28日、鉄板中華「青山シャンウェイ 神楽坂店」(TEL 03-5579-8988)がオープンした。

人気メニューの一つ「毛沢東スペアリブ」

 予約が取りづらいことでも知られる「青山シャンウェイ」の系列店となる同店。同店の売りである鉄板で調理する料理のほか、チャーシューなどの焼き物、食材や予算などリクエストに応じた料理まで幅広く提供する。店舗面積は25坪。席数は52席。

[広告]

 主なメニューは、人気メニューの一つという「毛沢東スペアリブ」(980円)や「柔らか蒸し鶏のネギしょうゆ」(半羽=1,680円、1羽=2,980円)、「甘エビの紹興酒漬け」(1,050円)、「鉄板ウーロン茶チャーハン」(890円)、「担々麺」(1,000円)、おまかせコース(3,000円~)など。ランチタイムには、日替わりや担々麺などのメインに、ブッフェ形式の中華総菜やスープ、サラダなどが付くランチメニュー(960円)を用意する。

 ドリンクメニューは、生ビール(グラス=480円、ジョッキ=630円)、「無農薬レモンまるごと1個生レモンサワー」(630円)、ハイボール、カクテル各種(以上580円)、果実酒(580円~)、10種類以上をそろえる紹興酒(グラス=580円、ボトル=2,500円~)、中国茶(ポット、500円~)など。客単価は4,500円程度を見込む。価格は税別(ランチメニューのみ税込み)。

 運営するバッカーナ(中央区)取締役の中橋薫樹さんは「メニューをシンプルにすることで、独立支援の場としても活用していく」と説明。10~15店舗を目標に、店舗展開も視野に入れているという。「週に1、2回、ふらっと来てもらえるような店、地域に根付いた店になれれば。フォトジェニックな料理も多いのでぜひお越しいただきたい」と話す。

 営業時間は、平日=11時30分~14時・17時30分~23時、土曜・日曜・祝日=12時~14時30分・17時30分~22時。