天気予報

12

5

みん経トピックス

四谷荒木町で食べ飲み歩き四ツ谷の路地にイタリア酒場

神楽坂で伝統芸能イベント 街全体を会場に古典芸能ライブなど

神楽坂で伝統芸能イベント 街全体を会場に古典芸能ライブなど

神楽坂エリア一帯で伝統芸能イベント「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2017」を開催(画像=新内流しの様子)

写真を拡大

 神楽坂エリア一帯で11月11日・12日、伝統芸能イベント「神楽坂まち舞台・大江戸めぐり2017」が開催される。主催はアーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)とNPO法人「粋なまちづくり倶楽部(くらぶ)」(新宿区東五軒町)。

街角ライブの様子

 同イベントは、日本を代表するさまざまな伝統芸能を、世代を超えて多くの人に分かりやすく楽しく紹介し、海外からの観光客を含む多くの人に神楽坂の魅力に触れてもらう「まちと人が一体になった祭」として2013年に初開催。毘沙門天(びしゃもんてん)善國寺や赤城神社、神楽坂通り、歴史的名所旧跡など、神楽坂エリア一帯を会場に、さまざまなジャンルのアーティストが伝統芸能を披露する。

 5年目となる今年は、神楽坂在住で新内節の人間国宝・鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)一門による「新内流し」、城端曳山(じょうはなひきやま)祭(富山県)で伝承される「庵唄(いおりうた)」の練り歩きをはじめ、善國寺境内の特設ステージでの若手講釈師による講談や琵琶語り、浄瑠璃などの伝統語り芸、レストランやカフェでの古典芸能ライブ、路上かいわいでの街角ライブ、スタンプラリーなどを展開。赤城神社神楽殿での、江戸太神楽、尺八、長唄三味線、邦楽ばやしによる「夕暮れライブ」でイベントを締めくくる。

 開催時間は、11日(前夜祭)=15時~19時40分ごろ、12日(本祭)=11時30分~18時ごろ。参加無料(一部有料)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

神楽坂に麹を中心とした発酵食品と日本の食文化に焦点を当てたコンセプトショップ「のレンMURO神楽坂店」がオープン。甘酒やしょう油、みそなど、全国各地から取り寄せた発酵食品を販売する
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング