神楽坂に「肉球のきもち」 「焼き肉店が本気で作ったドッグフード」提供

上嶋花奈さんとウニ店長(右)、山田淳オーナーともずく店長

上嶋花奈さんとウニ店長(右)、山田淳オーナーともずく店長

  •  

 牛込神楽坂駅近くの大久保通り沿いに4月28日、犬のためのおやつとセルフスパの店「肉球のきもち 神楽坂」(新宿区岩戸町、TEL 03-6228-1696)がオープンした。

もずく店長も大好きな「牛レバ刺し」

 「わんこのよろこぶ顔がみたい」をコンセプトに、「焼肉屋が本気で作った安心・安全・無添加ドッグフード」と「天然酵素・超音波バブル温浴のセルフスパ」を提供する同店。店長は、オーナーの山田淳さんの飼い犬「もずく」と、トリマー上嶋花奈さんの飼い犬「ウニ」。

[広告]

 山田さんは、新大塚で焼き肉・炭火焼き店「煖(だん)」を経営して25年以上になる。焼き肉店も無事軌道に乗り、子育ても一段落、子どもたちが独立したのをきっかけに、トイプードルを飼い始めたという。

 「どこよりも幸せな犬にしてあげようと、獣医師と何度も相談しながら、店でも提供している肉を食べさせてみたのが始まり。それから2年と少し、同時に生まれた兄弟や親よりも立派な健康犬に育ってくれた」と話す。

 「最近は小型犬の人気が高く、なるべく小さく育てるのが主流だが、犬の気持ちとは違うのではないか」とも。「子育てと同じように、ちゃんと食を考えてあげて、多くの方の大切なペットにも健康に大きく育ってほしい」と話す。

 主なフードメニューは、「牛レバ刺し」(900円、以下全て税抜き)、「牛たんユッケ」(800円)、「鶏刺し」(650円)、「鶏たたき」(750円)など。山田さんによると、主食ではなく、おやつとして量を調節しながら食べさせれば、通常のドッグフードも食べるという。飼い主のパパ・ママ用メニューとして「スムージー」(600円)や「エスプレッソ」(500円)なども用意する。

 スパメニューは、「超音波コース」(2,800円~)、「シャンプーコース」(2,000円~)。「利用してくれたお客さんは、ふわふわの仕上がりにとても驚いてくれる」と山田さん。

 営業時間は10時~18時。火曜・水曜定休。初回来店時には、狂犬病と混合ワクチンの予防接種証明が必要。