見る・遊ぶ

消防博物館が旅行サイトの口コミで人気 外国人観光客の増加も

四谷三丁目交差点に位置する同館

四谷三丁目交差点に位置する同館

  •  
  •  

 東京メトロ丸ノ内線四谷三丁目駅に直結する「消防博物館」(新宿区四谷3)が8月、世界最大級の旅行サイトのトリップアドバイザーの「エクセレンス認証2015」を初めて受賞した。

 同認証は、トリップアドバイザーの口コミで一貫して高い評価を得ている施設に与えられるもの。日本全国の宿泊施設やレストラン、観光施設3845 軒を認定し、うち5年連続となる373軒については「殿堂入り」施設としている。

[広告]

 同館は1992年、東京消防庁消防防災資料センターとして四谷消防署と併設する形で開設。地下1階から10階までを使い、江戸時代から現代までの消防の歴史を紹介するほか、消防ヘリコプターやクラシックカーなどの展示や企画展、撮影会などさまざまなイベントを行っている。小学生以下の子ども連れファミリーを中心に、全国から訪れる人気スポットとなっている同館。2008年1月に来館者200万人、2013年4月には300万人を突破している。

 今回の認証受賞を受け、外国人来館者数が一昨年の月平均500人から今年8月には700人へと増加。外国人宿泊者の多い京王プラザホテルなど、近隣ホテルで紹介されていることに加え、来館者の口コミやネットでの評判で来場するケースも多いという。

 人気があるのは、5階の屋外にあり実際に乗ることができるヘリコプターや、3階「現代の消防」ゾーンにある「ショーステージ」。119番に電話をかけるなど、現代の消防活動がどのような手順で行われるのかを紹介している。隣の「アニメシアター」コーナーでは、防火防災アニメを上映し、英語バージョンもそろえる。

 開館時間は9時30分~17時。月曜休館(祝日の場合は翌日)。入館無料。

  • はてなブックマークに追加