市谷亀岡八幡宮の「ペットの七五三」 高まる人気、今年で7回目に

市谷亀岡八幡宮「ペットの七五三」(画像=過去の様子)

市谷亀岡八幡宮「ペットの七五三」(画像=過去の様子)

  •  

 「ペットと一緒の初詣」や「ペットの成人式」など全国的にも数少ない「ペット」に特化した祈願を執り行う市谷亀岡八幡宮(新宿区市谷八幡町)が今年も8月1日から「ペットの七五三」の受け付けを開始。すでに約70件の予約がある。

 2000年より「ペットと一緒の初詣」を執り行い、参拝者の数が年々増え続けている同神社では、初詣だけでなく七五三の時期に訪れる参拝者も多いことから、2009年より本格的に「ペットの七五三」の受け付けを開始。今年で7年目を迎え、兄弟や親子代々での「七五三」も増えてきた。

[広告]

 ペットの3歳・5歳・7歳の健康を祝い、これからの健康長寿を祈とうする「ペットの七五三」。初詣同様、はかまや晴れ着姿で祈とうを受けるペットや、関東近郊だけでなく関西や東北など遠方からの参拝者も少なくないという。参拝者の数は年々増加しており、昨年は約380組が祈とうを受けた。犬の参拝が圧倒的に多いが、珍しい動物ではモモンガもいた。

 「ペットの七五三」は個別祈とうとなり、完全予約制で12月15日まで(10月12日、11月7日・8日・14日・15日を除く)。土曜・日曜は結婚式や神事と重なることも多く、平日予約を薦める。電話、ファクス、メールで受け付ける。