食べる

四ツ谷に武蔵野うどんの店「じんこ」-三軒茶屋に続き2号店

四ツ谷・三栄通りにオープンした「武蔵野うどん じんこ 四ツ谷店」

四ツ谷・三栄通りにオープンした「武蔵野うどん じんこ 四ツ谷店」

  • 0

  •  

 JR四ツ谷駅前から続く三栄通りに8月4日、「武蔵野うどん じんこ 四ツ谷店」(新宿区四谷1、TEL 03-5357-7539)がオープンした。

一番人気という「肉ネギつけ汁うどん」

 埼玉県北部から東京都多摩地域に古くから伝わる「武蔵野うどん」を提供する同店は、2011年5月にオープンした三軒茶屋本店に続く2号店。昼は三軒茶屋の自家製麺所で製麺したうどんと注文を受けてから揚げる天ぷら、夜は一品料理とアルコール、うどんを提供する。店舗面積は15坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた22席。

[広告]

 主なメニューは、「肉ネギつけ汁うどん」や「釜玉うどん」(以上700円)、「特製カレーうどん」(800円)、夜限定の「カルボナーラうどん」「ウニの濃厚クリームうどん」(以上880円)、うどん生地を使った「モチモチ水ギョーザ」「うどんのマカロニサラダ(以上500円)、ワサビじょうゆで食べる「うどんの刺し身」(380円)など。1番人気という「肉ネギつけ汁うどん」は、乱切りにして焼いた香ばしさを出したネギと一度焼いて油を落とした豚バラ肉を入れた関東風の甘辛いつけ汁で食べる。

 ドリンクメニューは、常時15~20種類を用意する日本酒(90ミリリットル300円~)や15種類の焼酎(400円)など。ランチタイムには、うどん単品(680円~)、うどんと天ぷらや日替わりのかやくご飯などを組み合わせたセットメニュー(800円~)を用意するほか、宴会需要にも対応する(2,980円~)。

 オーナーの神山正文さんは埼玉県出身。飽きずに毎日食べられるものを提供する飲食店を開こうと考えたときに思い出したのが昔から慣れ親しんだ「武蔵野うどん」だったという。「純粋に武蔵野うどんを広めたいという思いで始めた。都内の人に知ってもらい、地域活性化につながれば」と神山さん。多店舗展開も視野に入れ、うどんは、飲食店への卸のほか、通信販売、店頭販売(四ツ谷店では間もなく販売予定)も行っている。

 営業時間は11時30分~15時(土曜・日曜・祝日は12時~)、17時~24時。