食べる

市ケ谷にアジアン料理店-インド、ネパール、タイなど各国の味提供

法政大学市ヶ谷キャンパス近くにオープンしたアジアン料理店「アジアンフォレスト」

法政大学市ヶ谷キャンパス近くにオープンしたアジアン料理店「アジアンフォレスト」

  • 0

  •  

 法政大学市ヶ谷キャンパス近くに10月15日、アジアン料理店「アジアンフォレスト」(千代田区九段北4、TEL 03-6261-2829)がオープンした。店舗面積は30坪。席数は40席。

店内の様子

 フランチャイズのインド料理店などを展開する「1st GAIN」(中野区)の新業態となる同店。タイやベトナム、中国、ネパール、マレーシアなどアジア各国の伝統料理と創作料理を提供する店として1号店となる同店を開いた。

[広告]

 主なメニューは、「エスニック風 手羽ギョーザ」(2P、380円)、「空芯菜炒め」(480円)、ネパール料理のモモをアレンジした「モモバーグ」(600円)、「エスニックサラダ」(550円)、オリジナルの「スパイシーあんかけチャーハン」(650円)、「スパイシーあんかけかた焼きそば」(800円)など。全てのメニューが持ち帰り可能。

 ドリンクメニューは、「青島」「ビンタン」「タイガー」「333」などの各種アジアンビール(380円~)を中心に、生ビール(450円)、カクテル(500円)、ワイン(グラス=500円、ボトル=1,000円~)など。学生やビジネスマンをメーンに、地域住民もターゲットに据える。

 「昼は学生やサラリーマンに気軽に食事を楽しんでいただき、夜は、食事はもちろん、飲み会の場としてもご利用いただければ」と脇坂渚社長。11月には川越に2号店のオープンを予定しているという。

 営業時間は11時~22時30分(ラストオーダー)。