食べる

市ケ谷に「白みそ」ベースの博多もつ鍋専門店-都内5店舗目

市ケ谷駅近くにオープンしたもつ鍋専門店「もつ真路」店内の様子

市ケ谷駅近くにオープンしたもつ鍋専門店「もつ真路」店内の様子

  • 0

  •  

 都営新宿線市ケ谷駅近くに1月15日、もつ鍋専門店「もつ真路(まろ)」(千代田区九段南4、TEL 03-3556-1705)がオープンした。経営は相島屋(新宿区)。

 店舗面積は37坪。席数はカウンター席とテーブル席を合わせた47席。2011年2月に高田馬場に1店舗目をオープンし、その後、赤坂、大泉学園、西新宿と店舗を拡大し、同店で5店舗目となる。博多流の白みそベースのオリジナルスープと国産牛もつを使った「しろみそもつ鍋」をメーンに一品料理を提供する。

[広告]

 主なニューは、「しろみそもつ鍋」(1人前1,280円、注文は2人前より)、熊本直送の「厳選馬刺し」(1,200円)、「大山地鶏のたたき」(680円)、「ここだけのポテトさらだ」(380円)、「酢もつ」(450円)、さまざまな食材で試した中で「ニンニクのにおい消しに最も効果があった」というリンゴを皮ごとすりおろしたオリジナルデザート「すりおろしりんご」(250円)など。

 ドリンクメニューは、生ビール(580円)、サワー(380円~)、ハイボール、日本酒、焼酎(以上450円~)など幅広くそろえる。近隣の企業に勤務するビジネスマンをメーンターゲットに、週末はファミリー層もターゲットに据える。客単価は3,500円~4,000円。

 「白みそを使ったスープというと重たいイメージがあるが、女性を意識した飲み口のあっさりしたスープになっている。牛もつも一度脂を抜いてから使うのでうま味やコラーゲンは残っているが、あっさりとしている」とディレクターの三宅忍さん。「それほど頻繁に召し上がるものではないと思うが、ふとした時、もつ鍋の話になった時に思い出していただけるような店になれれば」と意気込みを見せる。

 営業時間は17時~24時。